FC2ブログ
page top
みんなから愛されることを望んでる
ウィキッド見てきました。多分いまの私に一番必要なミュージカル宝石緑宝石緑

Q人に愛されることと、自分のやりたいこと、それがずれているときどんな決断をするのか

Q立ち向かうことが正解なのか、みんなに愛されることを望むか、それとも自分の信念を貫くのか。

その人の置かれた立場できっといろんな見え方がある、懐の広い作品。

ミュージカル見たことない人にもオススメできる、豪華な舞台装置と衣装ワンピースストーリーもわかりやすいけど単純ではないので楽しめるはず音譜





以下ネタバレありの感想ダウン

樋口エルファバ右矢印なんて優しいエルファバ…彼女が変なのは本当に肌の色だけで他はとても優しいし人を気遣う人なんだなと。闇に生きるのフィエロ!って呼びかけや一幕最後は圧巻でした。魔法使いと私での希望の未来を夢見る姿や、ダンスホールでのはじめて友達が出来て喜ぶ姿はちょっと前までシングルマザーを演じていたとは思えない。

鳥原グリンダ右矢印育ちが良くて美人なグリンダ、グッドニュースから覚悟を決めた顔をしてみんなのエルファバへの悪口にも毅然としていた。人から求められる姿を自然とやってしまう(だからオズ陛下の申し出もすぐ受けるし、ネッサだわの発言もあったのかなと)

松島フィエロ右矢印最後の倒れそうで倒れない動きがすごい(笑)僕は彼女と行くつもり、ってつい口をついて出た本音のように聞こえた。

豊田ネッサ右矢印今作品でもっとも見ていて辛いキャラクター、ネッサローズ。彼女の最大の失敗は幸せを人に預けてしまったことかな…エルファバのことを恥じているというより、みんなから疎まれているのを気の毒に思っている優しい女の子が、急に総督という立場に立って辛かったろうな…っていう。
ネッサがどうして私を助けてくれないのって思う気持ちもわかるけど、ネッサはエルファバがどうして自分の緑色を変えず、人のために魔法を使うか考える視点が欠けていたんだなって、だからってあんな目に合わすのは…とも思うけど…ネッサが車椅子を押しながらはけるとき、誰にも愛されないままひとり死んで行くのメロディがかかってることに今日初めて気づいた。



八重沢モリブル右矢印マンマで何度か拝見したせいであそんで~やっても~そーりゃいいけど、ってメロディがつい(笑)前々からの謎は、あいつは溶けるぞ綺麗な水に!って群衆が叫ぶとニヤって笑うなら、エルファバが水に溶けるとはおもってないはずなのに…どうして最後に水に溶けてエルファバが死んだと思ったんだろう…






スポンサーサイト



© 週末コーチ起業塾. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG