FC2ブログ
page top
30歳で人生終わった人、48歳で夢をかなえた人2
こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。


昨日から、48歳で日本語教師になった島崎さんのお話しをしています。

バイトの掛け持ちをして、ようやく夢をつかんだ島崎さんですが
初めて会った時は、ものすごくネガティブでした。



俯きがちで、声が小さく、話す内容は、


「みんなが私が教員なんてムリっていうんです」

「夜勤先でおじさん上司がいじめるんです」

「母の具合が悪いけど、施設の人が…」

「付き合っていた恋人が浮気をしたせいで…」


と、責任転嫁と自己弁護ばかりが口から出てきて、
ご本人が読んでいたら大変申し訳ないですが
「負のオーラ」満載でした。




何故日本語教員になりたいのかを聞くと、


「…日本の文化が好きなんです、
そういう文献を読んでいると寝食を忘れます。
日本に来た外国の方に、文化を知ってもらいたくて。
何度も試験に落ちているんですけど、
それでも教員になりたくて…」




と、初めて顔を上げて言ってくださいました。




じゃあ、資格を取って日本語教員になるまで、一緒に頑張りましょうか。
と、ここから彼女のコーチングが始まったのですが…

彼女はコーチングでたった三か月で変わったんです!!
とはいかずに、ここからが苦難の道の始まりだったんです。。。




ずいぶん長くなってしまったので、続きは次回にしますね。





スポンサーサイト



© 週末コーチ起業塾. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG