FC2ブログ
page top
30歳で人生終わった人、48歳で夢をかなえた人4
こんにちは、
寺本桃(てらもともも)です。


今日で、島崎さんのお話しは最終回です。


日本語教師になるため、バイトを掛け持ちして学校に通い
いよいよ教育実習を迎えました。


担当の学校は、少し荒れた学校だったそうなんですが…

生徒から、最終日に手紙をもらったそうです。
「先生頑張れ!きっといい先生になるよ」という内容のもの。
そして、先生方からも「最初は、普通の実習生と違うから
どうなるかと思ったけど、よかったよ」と言われたそうです。


そして見事、教員免許を取ることが出来ました。

これって、すごいことじゃないですか?



夢を叶えたいと言いながら、
ほとんどの人が言い訳をして諦めていくのに、
しっかり夢をかなえてしまったんです。


そして、免許を取っただけではなく、就職先も見つけました。




面接に受かるか不安です…と言っていましたが、採用が決まり、
名実ともに日本語教師になりました。




二か月後には島崎さんの授業は生徒が
穏やかに勉強しているから、と授業のコマ数を増やしてもらえたそうです。



採用が決まって、夜勤バイトを辞めるとき、
同僚の30歳の男性から
「島崎さんはいいね、こういう職場から抜け出せて。
 俺もう人生終わったようなもんだよ」
と言われたそうです。


「なんででしょうね、私の方が年は上なのに。
 抜け出そうと思えばいくらでも抜けられますよね」


そうおっしゃる島崎さんには、
かつてのような負のオーラはもうありません。


島崎さんからは
「こうやって寺本さんと話して、
 行動できていないことをしっかり指摘して
 もらえたからよかったんだと思います。

 他の人たちは、がんばって、とかいうだけで、
 具体的な行動に結び付きませんでしたから。
 悩んでいた時から考えると、今本当に幸せです。」

と、うれしい言葉をいただきました。



あなたはどうしますか?

自分の人生これで終わり、にしますか?

それとも、コツコツ努力をして夢を叶えますか?


全ては、あなた次第ですよ。











スポンサーサイト



© 週末コーチ起業塾. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG