FC2ブログ
page top
天職を見つけるために必要な○○とは?

鉄道会社に入ったとき、
かなりショックを受けたことがあります。

それは、制服のダサさ。

旅客として使っている時は
なんとも思っていませんでした。

むしろ、ピシッとしてカッコイイ。
と思っていたんです。

でも、実際に着てみると

・ズボンが太くて不良みたい

・通気性が悪くめちゃくちゃ暑い

・なのに冬は作りが大きいせいか、
 隙間風でめちゃくちゃ寒い

・ホコリがつきやすく、
 外に立っていると汚れる

・全体的に作りが大きく、
 着ぶくれして見える

着ている側にとっては、
見た目も機能も
最悪でした。

仕事からの帰り道、
大手町や銀座を通ると
働く女性はみんなきれいに見えました。

高いヒールの靴を履いて、
きれいなメイクをして、
町を歩く姿は
私とはあまりにも違うものでした。

私は、夜勤明けで顔色は悪く、
着ているのは一昔前の不良くらい太いズボン…

魔女の宅急便で
黒い服を恥ずかしがったキキのように、
制服を着ているのも、
夜勤明けでクマが色濃い顔も
恥ずかしかったです。

制服も、ただの作業服だとしか
思っていませんでした。

しかし、ある時、
この嫌いな制服を好きになるきっかけがありました。

仕事の休憩時間に制服で歩いていたら、
3歳くらいの子供が、こちらを指さして
キラキラした笑顔で「運転士さんだ!」
と声をかけてくれました。

その時、実は私は運転士ではなく
まだ駅員だったんですが、
お子さんにはそれが分からなかったんですね。

夢を壊してはいけないので、
にこやかに手を振りました。

この時、初めて私は

「着ている側にとってはダサくて機能性の悪い服でも、
 見る側にとってはそうではないんだ」
ということを実感しました。

私にとってはダサ制服でも、
あの3歳の子にとってはそうではなかったんですね。

この「自分以外の視点」を知ったことで
私は制服に対して全く違う意識を持つようになりました。

同じことがビジネスにも言えるんですよね。

なぜなら

・私にとっては、
 ヤンキーの服と同じくらいダサい制服

・お客さんから見たらかっこいい制服

と、まったく見え方が違っていのと同じように

・あなたにとっては、
 出来て当たり前、当然のこと

・他の人にとっては、
 スゴイ!そんなことが出来るんだ!

そして

・あなたがこの程度じゃ
 大したことないと軽んじている能力

・他の人にとっては、
 そんなことできるなんて羨ましい!
 さらに

・あなたにとっては
 何の苦労もなく出来ること

・他の人にとっては
 お金を払ってでもお願いしたいスキル

かつての私が自分だけの視点では
制服の良さが見えてこなかったように、

自分だけで自分の長所や
得意なこと、
天職を探すのは困難です。

ましてや、1人でビジネスを構築しても
その方向性があっているのか
もっといい方法がないのか教えてくれる人は誰もいません。

あなたはたった一人で、
ビジネスを構築したりしていないですよね?

 

 

 
 
 
 
スポンサーサイト



page top
05/03のツイートまとめ
momoteramoto

RT @kasakoworld: 「「は?これだけのお金だしてあげてるのにバカなんじゃないの?君のせいであの人は立場をなくすんだよ。君のせいで。」弁護士がいうセリフかと思いますが、本当にこう言われました。なんで痴漢されて被害にあった私が悪いかのような言い方をされるのでしょう…
05-03 11:33

© 週末コーチ起業塾. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG