FC2ブログ
page top
たとえ高くてもここで買いたい!を作る方法

こんにちは寺本です。

昨日は、
1個3万円するファンデーションを

売っているブランドもあれば、

ドラッグストアで1400円の
ファンデーションを
売っているブランドもある。

 

では、何故こんな高くても売れるのか。

 

そして、各社がそろってこんなにも

多くのブランドを出しているのか?

 

という質問をしました。

その理由はずばり
「強烈なファンを作るため」

例えば、アナスイ
https://jp.annasui.com/collections/cosmetics

こちらはゴシックロリータっぽさが強いブランドで
お店も黒!紫!薔薇の香り!な雰囲気です。

一方、同じコーセー系列でも
ジルスチュアート
http://www.jillstuart-beauty.com/ja-jp/

こちらは可愛い!ピンク!白!ふわふわ!という
雰囲気です。

この2ブランドは極端ですが、
それぞれのブランドによってパッケージ、
店舗、広告モデルまで、
それぞれのブランドで雰囲気がかなり違います。

(分からん!と言う方は
 一度デパートのコスメコーナーを
 チラ見してみてください。

 ブランドによって、かなり違います)

一言に化粧品、つまり
「キレイになりたい」

「装いたい」

という願いに対して、

・ゴシックロリータが好きなら
 こういうパッケージ好きじゃない?

・もっと可愛いのが好きなら、
 キラキラした店舗の方がいいよね

・大人向けで高級感のある広告を出そう

・自然派志向の人に受けるよう
 こんな成分を使ってることをアピールしよう

と、どんな人に向けての商品かを
明確に示しています。

だから、たとえ値段が高くても
そのブランドで買いたい!という
ファンがつくんです。

では、ここで考えていただきたいのは
あなたがもし、
コーチやカウンセラーとして働いているなら

又は働いていきたいなら、

どんな人に向けての商品なのか

明確になっていますか?

「悩みがある人!私のサービスを受けて!」
と言うのは、

「キレイになりたい人‼うちの商品使って!」
と同じくらい雑な呼びかけです。

「ゴスロリ的な要素が好きで、
 ちょっと変わったメイクをしたくて、

 でも使いやすいアイテムで、
 肌荒れもしにくい化粧品が欲しい人!」

くらい呼びかける必要があります。

また、そのイメージを継続して伝え続けないと
ファンはつきません。

では、どんな人に呼びかけをするのか。

イメージを継続して伝えるには
どうすればいいのか。

これらは、講座でお伝えしています。

 

 

 
スポンサーサイト



page top
10/11のツイートまとめ
momoteramoto

なんかの試験会場が新宿で、外を走るバーニラ、バニラ高収入に集中力を乱され叫びそうになった記憶が甦った、確かにあれに轢かれるのは吉良ヨシカゲでも死にきれない https://t.co/9XgTkUmmjh
10-11 20:22

© 週末コーチ起業塾. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG