FC2ブログ
page top
02/21のツイートまとめ
momoteramoto

RT @truelovesakuya9: 【毎日がワークショップ】優しさには、ときに、厳しい側面もあります。◎続き→ https://t.co/iwVKFm83IL
02-21 16:35

RT @outi889kaeru: 確定申告を倒し、いまや俺の成すべきことはただ一つだけだマイナンバーに本人確認書類としての機能を持たせておきながら「マイナンバーの通知書とその通知書が本人であることを確認できる書類」をセットで提出させようと決めたクソ野郎を必ず見つけ出し、生ま…
02-21 16:33

RT @555dadadada: わたしの中での、まーちゃんの株が上がりまくりである…もっとテレビでこういうこと言ってくれ水着が男どもの見世物にしかなってないってこと分かってる。そして、さ○まきもい…お前の裸、値打ちあんの?とか言うのもうホント古い人間… https:/…
02-21 16:33

RT @katepanda2: すごいね本当にその通りだよこういうこと言える若い女性が増えるのは希望だな「水着になることについて「軽く考えている脳みそをどうにかしたほうがいい」 https://t.co/ZYAnAUeXWX
02-21 16:33

page top
後輩の態度が目に見えて変わりました。

こんにちは寺本です。

 

今お付き合いさせていただいている

あるクライアントさんは

昨日まで紹介したような

「後輩との関わり方」に長年悩み、

たくさんの本を買っていたそうです。

色々なノウハウは学んだのに、

目の前の後輩とぎくしゃくした関係は

変わらないままでした。

しかし、講座に入って

「コーチング」と

「コミュニケーション」を

実践しながら学んだことで

劇的に人間関係が変わりました。

ご本人曰く

「ノウハウだけ学んでも、

 結局安全な場所で実践したり

 アドバイスを受けないと、

 意味なかったんですね。

 今までのノウハウも、

 学んで終わりじゃなくて

 この講座で練習したら

 もっと生かせそうです」

とのことでした。

簡単に言ってしまえば、

安全に実践して、

自分のものにするというプロセスを経ないと

折角のノウハウも

宝の持ち腐れになっちゃう、ってことです。

 

 
page top
この記事は表示できません

この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。

page top
02/20のツイートまとめ
momoteramoto

RT @mimimiko_mimiko: 「いやそれくらいで怒るとかww」「ちゃんとやる父親は何て書いてあってもやるしww」みたいな嘲笑もあると思うんですけど、そういう取るに足らないことから「育児は母親」「それが子供にとっての幸せ」みたいな間違った認識がじわじわ刷り込まれていく…
02-20 18:06

RT @mimimiko_mimiko: こないだ行き慣れてないホームセンターで赤ん坊の紙おむつコーナーに迷いこんだんですけど、当たり前のようにパッケージに「99%のママが支持!」「先輩ママが選んだ!」って書いてあってドン引きでした。99%のパパと先輩パパはどこ行ったん?その表…
02-20 18:06

page top
「人間関係の悩みが消える」本を何冊読んでも悩みが消えない理由

こんにちは寺本です。

後輩とのかかわりに

悩んでいる方、

 

リーダ―としてどう振る舞うか

たくさん本を読んできたけれど

なかなかうまくいかない方、

 

残念ながら、本を読んでもうまくいかないんです

とお伝えしました。

 

 

なぜなら、本を読んだことを

いきなり実践しても、

不自然になってしまうからです。

例えば、あなたの上司が

やたらあなたの言葉をオウム返し

してきたら

「えっ、急にどうしちゃったの?」

ってびっくりしませんか?

もっとはっきり言うと

「なんか怖い…」

「なんか怪しい…」

と、上司に対して

違和感を覚えませんか?

コミュニケーションや

人間関係に関する本を

何冊買って読んだとしても

人間関係が改善しない理由は

ここにあります。

自分のものに

落とし込んでいない状態で

人に試しても

「なんか無理してるな…」

と思われてしまうだけなんです。

じゃ、どうすればいいわけ?

と思われたかもしれません。

ここに関しては、明日

ヒントになる事例をご紹介しますね。
 

 

 
 

 

 

page top
「リーダー」と名のつく本を3冊以上持っているあなたへ

こんにちは寺本です。

後輩との関わり方について

昨日から書いています。

 

自分の時よりぼんやり、または

気の利かない後輩。

 

でも、強く言うとパワハラになっちゃうし

と優しくしてもどうも反応が悪い。

どうすりゃいいんだ!と、悩んで

「後輩育成」

「リーダーとしてのふるまい」

「職場で好かれる上司になるには」

「ゆとり世代の付き合い方」

等の本を買ってみる。

「相手の立場に立ちましょう」

「傾聴しましょう」

「相手と自分の考えが

 違うことを受け入れましょう」

「相手が使う言葉を

 オウム返ししましょう」

等のアドバイスを読んで、

変えようとしても

目の前に後輩が来ると

イライラが止まらない。

でも、後輩をうまくやる気にさせるのも

君の仕事だ!とか上司は言ってくるし…

じゃあお前がやれよ…

当時のことを思い出したら

胃が痛くなってきました(笑)

こういった、

「職場のリーダーとしての悩み」

「後輩との関わり方」は

私がコーチングをしていて

テーマに上がるものの一つでもあります。

数値化したわけではないんですが、

言われたことはきっちりやるタイプで

努力をすることが当然!と思っている方は

特にこの悩みを持つ傾向が

ある気がします。

じゃあこれは、本を読んでどうにかなる問題なのか。

 

残念ながら違うんですよね。

 

 

じゃあどうすればいいのか、

また明日お伝えしますね。

 

 

 
page top
後輩へのイライラが止まらない

こんにちは寺本です。

先日、友人から

「どうしよう~

 とうとうわたしより

 後輩が入ってきて、

 面倒見ることになっちゃったよ~」

という嘆きの電話が来ました。

なぜ彼女が嘆いているかと言えば

「前は、先輩からアレコレ言われるたび、

 うるさーいって思ってたけど、

 実際に後輩が出来ると

 なんかボーっとしてるから

 『私の頃はもっと先輩や上司に

  気を使ったりして

  大変だったのに…』

 ってイライラしちゃうよ~

 どうしたらいいかわかんないよ~」

だそうです。

確かに気持ちはわかります。

私も後輩が出来たばかりの頃、

後輩のふるまいを見るたび

「私が若手の頃はこんなことやったら

 ぶっ飛ばされてたよ…

 なんでこんなに常識がないの?」

と言いそうになるのをぐっとこらえ…

何とか笑顔で

「これやってくれる?」

というと、相手が

明らかにビクビクしている。

またはこちらをなめている。

こんな経験、あなたにはありませんか?

 

こちらに対する対処法について

今日から書いていきますね。
 

 

 
 
page top
Amazonに問い合わせチャットを送った件

こんにちは寺本です。

 

先日、アマゾンの注文でちょっとミスをしてしまい

キャンセルをしました。

 

 

で、次の日に注文履歴を見たら

キャンセルされてない!

 

というわけで、問い合わせようと

「カスタマーサービス」から

問い合わせをしようとしたら

 

「チャットで問合せ」という項目がありました。

 

 

アメリカの企業だし、

日本語がそこそこできる海外の方と

グーグル翻訳を駆使してのやりとりかな、

 

と思っていたら、対応者のお名前が日本名。

 

そして、大変丁寧に対応していただきました。

 

お返事もほとんど待たず確認していただき

無事キャンセルの確認も取れました。

 

アマゾンで何か聞きたい時は

チャットがめっちゃ便利です。

 

 

そして、こういう時私が気を付けているのは

対応してくれた人にとって

「このお客さんめっちゃいい人」でいること。

 

自分も接客をしていたころ

 

丁寧に、こちらを人間として

接してくれるお客さんには

こちらも丁寧にしたくなりました。

 

 

だからこそ、受ける側になったときも

なるべくいいお客さんでありたいんですよね。

 

 

 

 

page top
02/16のツイートまとめ
momoteramoto

失敗しない副業の方法 https://t.co/EZf43HYcnm @YouTubeさんから
02-16 12:43

page top
私がコメント欄を閉じている理由2

こんにちは寺本です。

 

このブログではコメントを

承認制にしています。

 

その理由の一つは昨日お話した通りですが、

他にも理由があります。

 

それは

「無礼なコメントを載せたくないから」

 

 

具体的には

前に私が本の紹介をしたとき

メッセージで

 

「本の紹介するなら

 スクリーンショットで中身くらい見せろよ!!」

と言うのが来たんですよね。

 

著作権って知ってますか~?

と言う感じですが、

 

こういう通り魔みたいなコメントを

されたくないんですよ。

 

 

私は、

「他者とは全て分かり合える!」

という思想は持っていません。

 

むしろ

「ヤバイやつからはしっかり逃げる」

ことの方が大事だと思っています。

 

そのうえで、

本当に大事な人とだけ

関わっていきたいです。

 

だから、私がお付き合いさせていただいている

クライアントさんたちや

 

一緒に仕事をしている方は

皆さん人としてまっとうな方ばかりです。

 

 

 

 
© 週末コーチ起業塾. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG