FC2ブログ
page top
メンターがいなきゃ成功できない?

こんにちは寺本です。

 

私が、他のコーチとお話していて

「そ、それは言わない方がいいですよ…」

 

と喉元まで出かかる発言があります。

 

それは何かと言うと

 

「私のメンターはAさんです」

 

「私もメンターとなる人が欲しいです」

 

といったもの。

 

簡単に言うと

メンターに関する発言です。

 

これは実際お会いして言われることもあれば

ブログなどで見かけるものもあります。

 

ここで誤解して欲しくないのは、

 

コーチが、誰かとつるむなんて軟弱!!

 

師匠なんかいらない!

信じるのは己のみ!!

 

自分一人の力で

ビジネスを作っていくべきだ!

 

とは思っていません。

 

ビジネス初心者の方にとっては

正しいやり方を教えてくれる人は必要です。

 

そして売れているコーチ程

他の人のやり方を参考にして

より良いサービスを提供しています。

 

ただ、

 

そうやって、学んでいる相手や

自分がつけているコーチのことを

 

メンター、場合によっては師匠と

呼んでしまうことに

問題があるんです。

 

誰かのことを師匠と呼べば、

あなたはその人の弟子になりますよね。

 

クライアントさんから見て

師匠と弟子がいたら

どちらにより魅力を感じるか。

 

「この人はAさんのお弟子さんみたいだし…

 せっかくならAさんのコーチング受けたい」

 

となってしまっては、

もったいなさすぎます。

 

あなたがやりたいのは、

師匠から感謝されることなのか、

 

それとも、自分がコーチとしてかかわり、

目の前のクライアントさんの人生を

変えることなのか。

 

目指す目標として

「心の中で参考にすること」や

「本人に直接、勉強になっていますと伝えること」

はともかく、

 

メンターと公言したり、

ブログに書くのはやめましょう。

 

自分でビジネスを始める以上

自分自身で責任を持っていく必要があります。

 

少なくとも私は、

 

誰かの弟子として生きていくコーチよりも

自分自身で人生の舵を取るコーチを

応援したいです。

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト



© 週末コーチ起業塾. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG