FC2ブログ
page top
傾聴なんてするな

コーチングという言葉、

私が勉強始めた頃は

スポーツのコーチですか?

とか

ブランド名のコーチですか?

とか言われていました。

 

その頃に比べると

企業内の研修が行なわれたり、

関連書籍が出版されたことで

浸透してきているように思います。

 

で、

このコーチングには

「人の話をじっくり聴く」=傾聴

という方法があります。

 

相手の話を傾聴しましょう、

みたいな感じで紹介されています。

 

とはいうものの…

 

この傾聴って結構誤解されてるんですよね。

 

例えば、笑顔を浮かべるとか

頷くとか目を見るとか、

そういうスキルのことが多く紹介されています。

 

確かにこういうスキルって分かりやすいんですよね。

 

でもあなたも経験ありませんか、

上司がニコニコしながら

頷いて話を聞いているんだけれど

 

あなたが話し終わった途端に

「あなたの考えはよくわかりました、

 でも!」

と、バッサリ意見を切り捨てられたこと。

 

いくらスキルを使って傾聴しようとしても

スキル頼みだと胡散臭さが増すので

使わない方がマシ、なんてことにも。

 

じゃ、何が大事なのかというと…

 

実際にコーチングをうけてみると

その「大事な部分」がどこなのかわかります。

 

もちろん、何が大事かわかっているコーチじゃないと

意味ないですよ。

顔出し・名前出しナシで得意なことを生かして副業したい あなたはここをクリック
 

スポンサーサイト
© 週末コーチ起業塾. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG