FC2ブログ
page top
職場の上司との関係が良くなりました。

こんにちは、増田です。

私が務めているサロンは
オーナーと私の2人で運営しています。

二人だけなので
人間関係の良し悪しは
極めて重要です。

 

私はスタッフなので、立場上、言いたいことがあっても
意見を言いにくいです。

意見の食い違い、

言い忘れや聞き間違いなどの
コミュニケーションのミス。

それらが生むイライラは
サロン内の空気を
ピリピリさせます。

第三者もいないので
誰かが関係の修正に
入ることもありません。

以前は次の様な状態に
なっていました。

サロンには毎日
10頭以上の犬がきます。

トイ・プードルの様な
小さな犬から

グレート・ピレニーズの様な
毛の量がとても多い大きな犬まで
様々な種類の犬が来ます。

その子の毛の量や長さ、
ヘアカットの要望、
さらに、予約の順番で

どの子から洗い、
ヘアカットができる準備をすれば
時間に遅れることなく
効率良く仕上げれるかが
違ってきます。

限られた時間内で
良い仕事をするために
1日のスケジュールを
無駄なく立てることは
とても大切ですよね。

ですが、
コミュニケーションが
うまくできなかった時は
どの子を先に洗えば良いのか
聞けませんでした。

わからずに自分で判断しても
オーナーの頭の中の
順序と違うことをしていたら

「段取り悪いねん!」と
怒鳴られていました。

ですが、そこで聞いても
「自分で考えなさいよ!」と
言われるんですよ。

何をやっても、
どう聞いても怒られる。

こんな毎日で
オーナーとの溝は
深まるばかりでした。

仕事以外での会話も
「おはようございます」など
最低限の挨拶だけの時も
度々ありました。

上司も気持ち良くは
なかったと思います。

私は私で
注意も指導も
頭ごなしな言い方をする
オーナーの方が悪い!
こんな風に思っていました。

上司は上司で
素直じゃない、、
何回言っても分からない、
何も聞いてこない、、等
言っていました。

要は、お互いが
自分のことを棚に上げていました。

コミュニケーションが
うまく取れないを
相手のせいにしていました。

これでは、
一向に良くなりませんよね。

ですが、この塾に入り
コミュニケーションを学び
今ではお互いを支えられる
良いチームになっています。

 

最近、
「もっと接客をやってほしい」と
言われました。

その時に、私が担当した子の
会計から次の予約まで
やれば良いと言われました。先日
「もっと仕事を任せてもいい?
 あなたが担当した子(犬)の会計と、次の予約まで
 全てあなた一人でやってもらえる?」
と言われました。

しかし、オーナーがいつもやってしまい、
私にやる機会をくれませんでした。

そこで「私も会計と予約をやりましょうか?」と伝えたところ
オーナーからは
「あの時は会計と予約をお願いしようと思ったけれど、
 最近お客さんが増えたから
 回転率を上げたるためにドライヤーを手伝ってくれる?」
と気をきかせてほしいということが分かりました。

話し合いの中で
一方的な言い方をされて
感情的になりそうな時も
ありましたが

それを抑えて、
二人の意見のすり合わせが
できる様になりました。
                
                

 

 
スポンサーサイト




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© 週末コーチ起業塾. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG