FC2ブログ
page top
「会社を辞めること」が目的になっていませんか?

こんにちは寺本です。

 

先日、久しぶりに会った後輩から

「転職先が決まりました!」と報告してもらいました。

 

実は、彼女の転職には、かなり思い入れがあったので

私の喜びもひとしおでした。

 

 

彼女は、2歳年下の後輩で、一緒に鉄道会社で働いていましたが、

飲みに行くと必ず「会社を辞めたい」

という話ばかりをしていました。

 

「夜勤が無理」

 

「上司が無理」

 

「接客が無理」

 

しょっちゅうそう言っていましたが

じゃ、どんな仕事をしたいの?

と聞くと

「よくわからないです…」と口を濁すばかり。

 

私が辞める時も、

「桃さんはやりたいこと見つかっていいな~

 私も早く辞めたいです~」と言っていました。

 

そして、転職サイトで

年収や休みの取りやすさなどを検索しては

「この会社良いけど、やっぱり倍率高いのかな…」

と言っていました。

 

しかし、彼女は口だけで

「今の会社が嫌だ」と文句を言って

なんの行動も起こさない人ではありませんでした。

 

「自分がどんな仕事をしたいのか」

 

「どんな生活を送りたいのか」

紙に書いたり、思いついたときにメモを取ったり

私も個人的にコーチングをしたりしてお手伝いをしました。

 

そして、

「夜勤がない仕事」

 

「接客自体は、今の仕事では嫌だけど、

 別の仕事の時は好きだった」

 

「もともと子供が好きだから、何か子供にかかわる仕事がいい」

等のやりたい仕事の方向性が決まった後は

どんどん別の会社の面接を受けました。

 

その結果、見事とある子供服メーカーに受かったそうです。

 

 

会社が嫌で仕方がなかったころ、

私も、とにかく今の会社を辞められたらいいと思っていました。

 

でも、今ではこの考えは間違いだったと思っています。

 

自分がどんな仕事をしたいかわかっていない状態で

再就職先を探すと、大変な苦労をすることになります。

 

 

 

なぜなら、「自分が何をしたいのか」明確でないため

自分がどんな仕事をしていきたいのか、

どんな人生を送りたいのか

どんな会社ならその目標が達成できるのか

という判断ができません。

 

 

その結果、お給料がよさそうなところや、

休みの取りやすさなどを基準に会社を選ぶしかありません。

 

その結果、再就職をしてもしばらく時間がたつと

「毎日同じことの繰り返し」

 

「どうして私、この仕事をやっているんだろう」

と悩むことになります。

 

今の会社を辞めたい、という気持ち自体は否定されるものではありません。

 

ただ、どんな生活を送りたいのか、

どんな生活なら自分にとって後悔のない社会人生活を送れるのか、

考えることを避けては、同じことの繰り返しになるでしょう。

 

 

もし、あなたも「なんで今の仕事やっているんだろう」

「このまま仕事を続けていていいの?」と、

毎日のように考えてしまうなら

ぜひ真剣に考えてください。

 

もし、考えるのが一人では難しいというなら、

ぜひプロの手を借りてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© 週末コーチ起業塾. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG