FC2ブログ
page top
周りがみんなすごい人に見える日

こんにちは寺本です。

先日、めちゃくちゃいい映画を見ました

FOR REALー遠い、クライマックス。

横浜DENAベイスターズの
2018年シーズンを追ったドキュメンタリーです。

私は、そこまで球場に
足を運ぶ方ではないですが、

横浜出身ということもあり
そこそこのベイスターズファンです。

野球ファン又はベイスターズファンなら
ご存知かと思いますが

今年は優勝が狙えると言われていたのに
結果としては4位。

去年10勝以上を上げた投手が
軒並み負けまくる

打者も故障者続出という

見ている側も手に汗握る、
精神力の求められる一年でした。

そんな一年の振り返りとなる
ドキュメンタリーなので、
選手たちのもがき苦しむさまが
写っていました。

なかなか勝てない投手の

「どう(投げ方を)
 変えていけばいいかわからない。
 お手上げです」

という言葉や

「(周りが打てないなら)自分が頑張るしかない」
という言葉に、その時期の試合を思い出して
グッときました。

こういう自分の弱点やつらい話を、カメラに向けて
話してくれることって
そう多くはないですよね。

ただ、これはプロ野球選手だけの話ではなく
どんな人でも仕事をしていくなかで

「うまくいかない」

「何を変えればいいかわからない」

と悩むことがあるとおもいます。

私自身
「このままじゃまずい、
 でもどう変えればいいかわからない」
と悩んだことは多々あります。

そして、自分だけが
こんなことで悩んでいるんじゃないか

他の人はちゃんとできていて
自分だけがダメなんじゃないかと
どんどん落ち込んでしまう人も多いです。
(かつての私もそうでした)

しかし、私たちが憧れの目で見ている選手たちも
同じ悩みを持っている、

そして、その悩みから抜け出す道が必ずあると
見せてくれたドキュメンタリーでした。

 

 

 

 
 

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© 週末コーチ起業塾. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG